トップページ
 
都市開発
 
交通解析
 
まちづくり
 
リンク


■渋滞の特効薬はないのか

交通渋滞は、年間38億時間を費やし、その経済損失は12兆円にも及びます。
渋滞のメカニズムは正確に理解し難く、有効な解決策も見出されていないように
考えられています。

■交通流解析の需要が旺盛

そんな中で、弊社は渋滞解消案を提案し続けています。
道路上を走行する車両をアニメーションで再現して解析していく「交通シミュレーション」を活用した交通流解析を得意としています。
国、県、市などの道路行政担当課から次々に依頼を受けています。

 
■誰にも理解できる交通シミュレーション(コミュニケーションツール)

道路管理者、交通管理者、学識経験者ばかりでなく、地域住民などを交えた説明会でも「分かりやすい」と好評を得ています。
見ていただいた関係者全てに理解してもらいながら一緒に考えていくことができます。

 
■計画者の道具として(エンジニアリングツール)

道路管理者は、自分の目で理解して設計者をコントロールできます。
交通管理者とも連携して「道路設計と信号現示の調整」を計画段階から反映することができます。

 
■絶対的な経験量による問題解決&提案能力

交通流解析の豊富な経験による「現地での状況把握ノウハウ」と「先進諸国から学んだ交通政策を組み込んだ提案」により問題解決策と提案を行います。

 
■交通解析手法

交通解析手法として「マイクロ交通シミュレーション Aimsun」を活用しています。
ミクロシミュレーション、マクロシミュレーションに加え中域のメソシミュレーションも行っています。
ETC2.0の普及に伴い、高速道路渋滞時に一般道利用に経路変更する利用者均衡配分に基づいた解析を行うことも可能です。